人気急上昇!阪神御影駅前 老舗酒店の立飲み「美よ志」

こんにちはdandyです!

今日は灘の酒蔵を下支えしてきた阪神御影駅の南側すぐの老舗酒屋、三好商店。立飲み「美よ志」に行って来ました。

遡ること創業は1921年(大正10年)の日本酒全盛期に興した「酒類媒介業」が始まり。もうすぐ100年になる老舗酒店だ。灘と言えば灘五郷が神戸から西宮に掛けてそう呼ばれる地域です。白鶴酒造や菊正宗、日本盛と言った老舗の酒蔵が並ぶエリア。当時から酒蔵は教育に熱心で、かの有名校灘中、灘高の設立にも携わっている。また、酒蔵は長期に渡り、お酒を貯蔵する必要があるので、その場所を確保することから土地の保有は広大である。今では各社近代的なシステムを導入しているが、昔の名残は消えていない。

当時三好酒店は灘の酒蔵に対し、生産量が不足した際に他の産地の酒蔵からお酒を調達する仲介業を営んでいたらしい。1935年(昭和10年)酒店を始め、1964年(昭和39年)には当時まだ珍しかった3階建てビルを建設。その後、1階に小売店、2階で立飲み処を始めると店はお客の活気に溢れるようになったが、しかし、その後、酒類業界は大きな転換期を迎えることになったことは事実だろう。

2001年から酒類販売免許の規制緩和が段階的に進み、06年に自由化された。24時間営業のコンビニや安値攻勢をかけるスーパーの参入に、同業者の多くが廃業や業態転換に追い込まれた。推測だが、三好酒店の店頭売り上げも激減していただろう。

この難局を乗り切るため、一度は閉めた「立飲み」も再開。1階のわずか3坪のスペースだが、家庭的なアテと手頃なお酒を提供し、連日満員でかなりの常連さんが居るようだった。

実は現在の店主とdandyは学生時代からの友人なのである!中々行くことが出来ていないが、FacebookなどSNSでは繋がっていたのだが…昔からそうだったが人懐っこく、好かれる人間味溢れる人だったので、今回立飲みに行った時もお客さんからかなりの人気者になっていた。

こちら立飲み「美よ志」はコアなメンバー(超常連)が12、3名いらっしゃるようだが、今回は野球観戦でまったく居なかった…それでもかなりの活気で満員になるのは凄いとしか思えない。立飲み客は決まった店に行く習性があり、基本浮気はしない。常連さんが集まると店には入れない人数だろう(笑)アテもかなり豊富なメニューで、尚且つ安い!味も、中々で飲ませる一品が多いのは狙いなのか?(笑)

とにかく歴史を感じさせる店内と、常連さんが集まる場所としてはこの御影では無くてはならないお店だろう。常連さん達が繋がりを持ち、新たなコミュニティが出来上がる。そうやってお店は繁盛していくものだ。

他に人気店もあるのだが、勢いは違う気がする。なんでも挑戦するバイタリティ溢れる店主を常連さんが集まり盛り上げて欲しいと思います。遅まきながら末席から応援したい!ちなみに店主はマラソン、トライアスロン、バンド、山登り、PTAと多忙を極めるが、夜の立飲みでは常連さんと一緒に盛り上がっている人です(笑)


三好酒店 立飲み「美よ志」
住所:神戸市東灘区御影本町2-15-18
電話:(078)-851-6581
営業時間:15:00~20:00


返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください