JR姫路駅ホームにある庶民の味まねき食品の「姫路名物 えきそば」

こんにちはdandyです!

姫路にあるまねき食品株式会社というちゃんとした会社が経営しているJR姫路駅ホームにある「姫路名物えきそば」
由来は終戦後、何もない混乱期に統制品であった小麦粉の替わりにこんにゃく粉とそば粉をまぜたそばを販売、その後試行錯誤の結果現在のかんすい入りの、中華麺に和風だしというミスマッチの商品が誕生。

昭和24年10月19日に「えきそば」と名付けられ、立り売りの販売方法をへてホーム上の売店へと発展してきて、現在は、メニューも増え忙しいビジネスマン・学生・昔からの「えきそば」ファンに親しまれています。

戦後、最も簡単に、しかも大した機械設備もなしに出来る物として、姫路駅で 麺類を販売しようと計画しましたようですが、当時小麦粉は統制品で手に入りにくい為、 統制品ではない”こんにゃく”に目をつけそば粉とこんにゃく粉を混ぜて、うどんの 様なものを作り、和風だしでうどんの様なものを試作し販売していたようです。

今では食券機が設置されてICOCAまで使えるようになっています。進化してますね?
基本中の基本である天ぷらえきそば360円をポチッ!っと押して食券を購入!他にセットやトッピングなんかもありましたが、次の新快速が来るまでに食べてしまわないといけないので、今日は基本の天ぷらえきそばにしてきます。

買った食券はカウンターの「ここに食券を挟んで下さい」のゴムに挟み込みます(笑)
それを見ておばちゃんがそばを作り始めます。といっても麺はほぼ茹で置きで、トッピングと出汁を入れるだけの作業です。だからすぐに出てきます。

うどんは時間が達つと伸びて美味しくないのと、腐敗が早く長持ちさせる為に考えた抜いた末、うどんをあ諦めて、かんすいを入れた黄色いラーメンになり、独自でこの黄色いそばに和風出汁という一見ミスマッチの商品が生まれた。
これが「えきそば」の誕生です。

そして昭和24年10月19日姫路駅ホームで、それを「えきそば」と名付け立ち売りが始まりました。

ポイント5倍\11/4(日)20:00〜11/10(土)23:59/まねきのえきそば 天ぷら 1箱(12食入り) 送料無料【駅そば インスタント カップ麺 兵庫県 姫路名物 ご当地 日清食品】

見た目はかけそばのようですが、この麺が黄色いそばに和風出汁に天ぷらが入り、葱を入れただけの完全なかけそばなんですが姫路駅ホームで新快速が来るまでに食べるという(立ち食い)感じがいいんですよね?

そばなのかラーメンなのかそれとも・・・よくわからないんですが、なんか出汁の香りが気になって食べちゃうんですよね?最近はコンビニでも売っていますし、JR元町駅にもお店を出しています。

大阪梅田の阪神百貨店スナックパークにも出店しています。阪神百貨店スナックパークHP


えきそば 姫路駅店
住所:姫路市駅前町188-1 JR姫路駅構内
電話:079-282-5240
営業時間:
<5・6番線ホーム>
6:00~23:00
<7・8番線ホーム>
6:00~24:00
日曜営業

まねき食品株式会社HP


返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください