神戸「フロインドリーブ 本店」のオリジナルバターは美味しい

こんにちはdandyです!

神戸に教会を改装したカフェ「フロインドリーブ」があります。
いつも人気で行列まで出来ている時もありますね?さすが教会だけあって天井が高く開放感のあるカフェです。
映画「阪急電車 片道15分の奇跡」のオープニングシーンで出てくるカフェです。




西洋文化が濃く色づく、観光地としても人気の港町「神戸」。そんな神戸を代表する素敵なカフェ「フロインドリーブ 」をご存知ですか?お店となる建物は、美しい空間で、ドイツパン・洋菓子・サンドイッチが食べれるカフェになっています。その美味しさは好評で、特に人気のカフェです。このカフェ&ベーカリー「フロインドリーブ」の魅力のひとつにオリジナル商品があります。

通販でも購入できるのもの多いのですが、やはり実際のお店でお茶して食べてお土産にして帰るのが定番なんでしょうか?ジモッティにはわかりませんが、美味しいものは好んで買っていく主義のdandyとしてはこのオリジナルバターが好きです!

このフロインドリーブは日本で活動したドイツ出身のパン職人。第一次世界大戦中に捕虜として連行された日本に留まり、敷島製パン初代技師長を経て神戸市に有限会社ジャーマンホームベーカリー(フロインドリーブ)の前身となるパン屋を開店した。NHK朝の連続テレビ小説『風見鶏』のモデルとしても知られる。

正直いただきものなのですが、それを最近は朝のパンにつけていただいています。まず冷蔵庫からバターを取り出してテーブルに置くところから最近の朝は始まります。少し硬いので朝の準備をして食卓に座る頃にはバターもいい感じになります。

塩味の効いた本物のバターの感じがクセになるほど美味しいです!
となりのソーセージと卵はライフのBP商品です(笑)
店舗はデパート地下食料品店にも多数ありますので、ご確認下さい。


フロインドリーブ
住所:神戸市中央区生田町4-6-15
電話:(078)-231-6051
営業時間:10:00~19:00(ラストオーダー18:30)


返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください